先日、第32回ダイヤモンド連載コラム
『一流のリーダーは「気配り」で部下のやる気を引き出している』が配信されました。

私が「気配り」や「気づかい」に関する取材をうける時、
よくこんなことを聞かれます。

「もともと『気遣い』ができる人が秘書になれるのですか?」

皆さんは、どう思われますか?

また、こんな質問も受けます。

「先輩秘書を見習うかたちで、『気配り』を身につけていきましたか?
それとも、なにか他の方法で身につけてきたのでしょうか?」

仕事上の『気配り』をどのようにして身につけてきたのか、というものです。

その秘密は・・・

ご興味のある方は、こちらをご覧くださいね。

http://diamond.jp/articles/-/93366/